非正規社員だとなぜクレジットカードは作りにくいと言われている?

非正規社員だとなぜクレジットカードの審査が通りにくいのかという謎について考えてみます。

クレジットカード会社の立場になって考えるとわかりやすい

クレジットカードを運営している会社と言えばVISAやMasterCard、JCBがありますが、これらの会社も当然売上を上けることを考えており、そのためにクレジットカードというサービスを展開しているのです。

従来の商取引を取り持つクレジットカード会社

商取引と難しい言葉を使っていますが、要は私たちが普段スーパーやコンビニなどで行っている買い物のことです。クレジットカードがなかった時代においては買い物は現金で行われていました。

現金での買い物は客と店の2つの立場しかなく、客はお金を店にわたし、代わりに店は客に対して商品を渡すという形です。

ここにクレジットカードが入ってくるとどうなるでしょうか?

客と店とカード会社

客が現金ではなくクレジットカードで買い物をした場合、この時点では客は現金をお店に渡さずに、店が商品を渡すのみとなります。この時に、買い物をしたという情報がカード会社に知らされます。

次にカード会社は店に対して客が買った商品分の代金を支払います。これで店は商品の代金を回収して終わりです。

最後に、カード会社が客に対して買った商品分の代金を請求します。客はお金をカード会社に払うことによって一連の流れが終了することになります。

客からすると支払いを遅らせたり、まとめることができるというメリットがあります。店も損はしていないのでクレジットカードを愛用する客を集めようとしてクレジットカードが使えるようにしているところも少なくないでしょう。

カード会社はどうやって儲ける?

しかし、このままではカード会社はただ両者の買い物を仲介しているだけであり、儲けが出ていません。儲ける方法としては以下のようなものが挙げられます。

手数料

クレジットカードは今となっては1枚あればどこでも使えると言っていいほど普及しています。客にとっては今現金が無くても買い物ができるというメリットもあります。

そこで、カード会社はクレジットカードの決済を導入したい店に対して手数料を要求するのです。店としては導入するかしないか、どちらかの判断を迫られることになります。

導入すれば先も上げたとおりクレジットカードを愛用する客を集めて売上を上げられる可能性があります。また、従来の買い物では現金が少なければそれ以上物が売れることはあり得ませんが、クレジットカードであれば大量に買ってくれる可能性もあります。

たとえ手数料を取られたとしてもそれ以上の売上を見込めるのであれば店はクレジットカードの決済を導入するでしょう。

逆に手数料が惜しい、カード会社に手数料を取られるくらいであれば導入しないという店もあるかもしれません。

最近のカード会社はキャッシングやリボルビングなどのサービスも提供していますが、クレジットカードの原始的は儲け方としてはおそらくこれがメインとなるでしょう。

非正規社員がクレジットカードを作りにくい理由

長々とクレジットカードの仕組みを書いたのは、クレジットカードがどのようにして儲けているのかということを伝えたかったからです。

その上で、なぜ非正規社員がクレジットカードを作りにくいのかという理由について説明します。

先ほども述べたとおり、クレジットカードの決済のお金の流れは順番に

①カード会社→店(ただし手数料として全額は渡さない)
②客→カード会社(①で渡さなかった手数料分が儲けとなる)

となっています。①の段階では手数料分を引いているとはいえ、カード会社はお金を店に渡してしまっているため一時的に見れば損失でしかありません。②の段階で客がカード会社にお金をきちんと払ってくれることがとても重要となります。儲けが出るのは客がカード会社にお金を払った時ですからね。

もし、客が破産などをしてカード会社にお金を払わなかった場合、カード会社は大きな損失を被ることになります。破産する客が増えれば増えるほど店に対するお金の支払いも苦しくなり、最悪の場合は資金がショートして倒産ということになりかねません。

そのため、カード会社はカードを使いたいという客の職業や年収などを詳しく調べてその人が破産してしまわないかといった調査を慎重に行ったうえで、カードを発行するのかどうかを決めるのです。

ここまで説明すれば非正規社員はなぜクレジットカードが通りにくいと言われているのかが分かってきたと思います。

あなたがカード会社の立場である場合、収入が安定しておらず、貯金もなさそうな非正規社員がカードを使いたいと言ってきた時にOKを出しますか?

※これはあくまで一般的なクレジットカードの仕組みを考えた時の場合であり、非正規社員だからと言って必ずしも審査が通らないというわけではありません。無職でも株で儲けているという人もいるでしょうから、きちんとお金が支払えると判断されれば審査は通ると思われます。

※クレジットカードによっては審査が通りにくい、通りやすいといったうわさもありますが、審査も会社の判断で行われていて、通りやすさの差は会社の方針の差であると言えると思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク