役職が持つ意味とは?

どこの会社にも役職というものが存在しますが、これについてまとめてみます。

部長? 課長? 係長?

会社に入ると、ほぼ確実に何らかの肩書を持った上司がいることでしょう。よく聞きなれた部長や課長といった名前もあれば、リーダーやスタッフ、店長などと様々な肩書が存在します。

部長や課長などは他の会社でも使われているので、自社と他社を比べてしまう人もいるかもしれませんが、それはあまり意味がないでしょう。

法律で定められた役職

世の中には様々な役職が存在しますが、法律によって定められている役職はそれほど多くありません。代表的なものとしては代表取締役取締役という役職があります。

代表取締役が会社のトップである

取締役に当たる人は何名か存在する可能性がありますが、その中でも代表取締役は一人でできることが多いです。よって、会社で一番偉い人は代表取締役という肩書がついた人になります。

(実際にはその上に取締役複数人で組織される取締役会が存在し、さらにそのメンバーを選出できる人として株主が存在しますが、ここでは話がややこしくなるだけなので省略します。)

代表取締役は一人だけの場合もありますし、同時に複数人存在する場合もあります。

取締役

代表取締役から代表の字が抜けた取締役は代表取締役と同じような権限を持ちますが、もしその会社に取締役が2人以上いた場合は取締役が行おうとすることに関してするかどうかを多数決できめる必要があります。

ただ、全員が反対しないようなことをいちいち話し合って多数決を取っていたのではスピーディな経営ができないため、取締役の中から誰かを選んで代表取締役を選出し、その人は一人でもいろいろなことができるようにしている会社も多いです。

(国会で言うならば取締役が国会議員で、代表取締役が総理大臣になるでしょうか。)

社長や部長は?

普通の人にとっては社長や部長といった名前の方が聞きなれていることでしょう。しかし、この役職の名前は法律によって決められてはおらず、会社によって決められているものです。

会社で一番偉い人は誰と聞かれたときに「社長」と答える人が多いと思います。確かに社長は代表取締役についていることも多いため、普通はこれで正解となるのですが、会社によっては代表取締役の人を会長と呼んでいたり、オーナーと呼んでいたりすることもあるので注意が必要です。

それ以下の役職である部長や課長という名前は完全に会社が決めているものです。役職の名前に制限はないので、部長よりも課長の方が偉い会社があったり、ベンチャー企業だとそもそも変わった呼び方になっていることも多いでしょう。

冒頭に「他社と比べても意味がない」といったのは、自社と他社に同じ名前の「部長」という役職を持った人がいても、実際に与えられている権限が全く同じとは限らないからです。

例えば、A社の部長は取引先との契約を自由に結ぶことができるけど、B社の部長は契約を結ぶときに他部署の許可を得なければならないという違いがあるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク