あなたの上司はいい上司? それともダメな上司?

働く以上、必ず会話しなければらない上司について考えてみます。

上司について

何がいい、ダメのかはそれぞれ違いがありますのでなかなか難しいところです。あなたの上司はいい人だと思いますか? それともダメな人だと思いますか?

会社から見たら

会社全体で見た場合は、おそらくチーム全体の力を引き上げて、あるいはまとめ上げることができる上司がいい上司と言えるのではないでしょうか?

チームを雰囲気が良いと生産性は高まり、結果として売り上げのアップや効率化などにつながります。

しかし、会社から見たいい上司はそのまま部下から見てもいい上司とは限りません。

いい上司とは?

いい上司とは何かと言われてもなかなかその答えを明確にすることは難しいでしょう。仕事ができる人というものであっても、みんなをひきつけるのがうまいのか、部下に対して真摯に向き合ってくれるのかなど、さまざまなものが考えられます。

では逆にダメな上司とは?

逆にダメな上司とはと聞かれたときはどうでしょう? これもいろいろな答えが思い浮かびますが、こちらはいい上司と比べてダメな部分をある程度分類することができると考えられます。

どういう時に「この上司はダメ」と見えるのか?

入社した時や異動になって初めて出会う人が上司になった場合、まずいきなり「この人はダメな上司だ」とか、逆に「この人はいい上司だ」ということを決めることはないでしょう。なぜなら、まだ出会ってから間もないのですからその人に対する評価の判断材料が不足しているからです。

ダメな上司1:「上司として」仕事ができていない

まず上司がダメと思う理由として「仕事ができていない」というところが挙げられると思います。この部分の詳細な理由としては以下のようなものが挙げられます。

  • 指示があいまい
  • 仕事を任せる割に、細かく指示を出してくる
  • 責任を押し付けてくる

何名かのチームの上に立つ上司は下っ端の人と違って裁量権が大きくなりますが、それと同時にさらに上から与えられる命令も大きいものになります。

上司はそれに従ってメンバーに適切な仕事を割り振り、なおかつその責任も負う必要が出てきますが、その能力が十分に足りていないとメンバー全体を動かすことができなくなります。

上に挙げた「指示があいまい」「任せる割に細かく指示を出してくる」というものはそういったことがあまり得意ではない上司なのかもしれません。ひどい上司ともなると仕事を振るのが下手なうえにそれが原因でメンバーが作ったものがよくなかった時にその人のせいにしてしまい、結果として「ダメな上司」として映ってしまいます。

ダメな上司2:立場を利用してメンバーを攻撃してくる

仕事はできるのかもしれないけれど、失敗したときに人格否定などをしてくる上司などがここに当たるでしょう。

こちらは仕事以前の問題であり、人を好き嫌いで判断して評価をする上司もいるかもしれません。

上司として重要な仕事の一つとして「叱る」というものがありますが、いい上司は叱るときも単に起こるだけでなく、なぜこうなったのか、こうならないためにはどうすればよいのかというフォローもきちんとします。

それをせずに単に相手を「お前はダメなやつだ」「できないなら辞めろ」とか批判だけをするのは叱っているのではなく、単に相手を攻撃しているだけです。

いい上司は難しいかもしれないが・・・

どんな人間も悪いところがないという人は存在しません。欠点は必ず存在します。それでも「いい上司」と「ダメな上司」が出てくるのはその人が上司として必要とされている能力を持っているからではないでしょうか?

能力がなかったとしても、失敗したと思ったらすぐに反省をして今後どう改善していくかを考え続けて身に付く人もいると思います。誰しもが「いい上司」にはなれなくても、「ダメな上司」にならないように努力している人が自然と「いい上司」に見えてくるのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク